株式会社エム・イー・エル|マイクロ波回路の設計・解析なら MEL

イベント/セミナーEvent/Seminar

セミナー情報Seminar Information

2017年05月19日(金)

会場新宿

[実演デモあり/クラウドHPCを用いた3次元電磁界解析のご紹介]セミナー開催

[実演デモあり/クラウドHPCを用いた3次元電磁界解析のご紹介]セミナー開催いたします。

[実演デモあり/クラウドHPCを用いた3次元電磁界解析のご紹介]セミナー開催のお知らせ

今回セミナーにご参加いただきました方に限り、評価版ライセンスを配布いたします!!!!!

プログラム
<第1講> 14:00~15:30 「クラウドHPCを用いた3次元電磁界解析のご紹介」
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
<休憩> 15:30~15:40  
15:40~16:40 S-NAP Wireless Suite を用いて事例のご紹介
(※S-NAP Wireless Suiteとは、2種類の電磁界解析エンジンと高周波用回路シミュレータ、高周波回路自動設計ツールを実装したワイヤレス製品開発用のEDAツールです。)
1-1:ワイヤレス電力伝送事例
1-2:筐体を含む、アンテナ解析事例
1-3:筐体、ワイヤ、プリント板を考慮したEMC解析事例
<質疑応答> 16:40~16:50  
開催概要
日時 2017年5月19日(金)14:00~16:50(13:30~受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/研修室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F(JR新宿駅より徒歩8分)[ 地図
定員 15名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー主催 株式会社エスナップ・ソリューションズ
協賛 株式会社エム・イー・エル / 株式会社アイ・エム・シー

お申し込みはこちら

2017年03月10日(金)

会場新宿

[IoT時代におけるS-NAPの電磁界活用技術 /
S-NAPの活用事例とプリント基板設計への展開]
セミナー開催

[IoT時代におけるS-NAPの電磁界活用技術 / S-NAPの活用事例とプリント基板設計への展開]セミナー開催いたします。

セミナー詳細はこちら

[IoT時代におけるS-NAPの電磁界活用技術 / S-NAPの活用事例とプリント基板設計への展開]セミナー開催のお知らせ

プログラム
<第1講> 13:30~15:00 「IoT時代におけるS-NAPの電磁界活用技術」―EMC、内蔵アンテナ、ワイヤレス給電、筐体の3次元解析―
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
oTに伴い、電子機器は常にワイヤレスで相互に通信を行い、非接触で常に充電状態にある環境に置かれます。このことは、電子機器には通信用アンテナと充電コイルが必需となり、機器は常に強電界にさらされることを意味します。電子機器の性能と品質は、筐体内蔵の高効率のアンテナ設計と高耐圧のEMC設計が大きなポイントになるでしょう。S-NAPの2.5次元と3次元電磁界は、これらの設計と対策に置いて適切な解を提供してくれます。本セミナーでは、S-NAP/PCBとS-NAP/Wirelessを用いて、どの場面でどのような解析手法が適切かなどを事例を用いてご紹介いたします。
<休憩> 15:00~15:10  
<第2講> 15:10~16:40 「S-NAPの活用事例とプリント基板設計への展開」
講師:株式会社システムデザイン研究所 代表取締役 久保寺忠
基板を設計する際、グラウンドインピーダンスを下げるために表面層はできるだけグラウンドベタを増やす様に設計することが一般的に推奨されています。 ところが、表面層(特に部品面)では、部品搭載用にパッドを置いたり、連続するviaをよけるためのクリアランスを設けなければならないなど様々な制約があり、理想的なグラウンドベタが設計できません。 結果としてグラウンドインピーダンスは部品の近くやvia周辺で上がってしまい、電界ノイズが発生、ノイズの大きな基板が出来上がります。 本セミナーでは、基板上のグラウンドベタに電界が広がる様子、その原因の特定、プリント基板設計で簡単にできる対応策などについて、S-NAPを活用した事例をベースに分かりやすく紹介します。 簡単なことですが、今まで見過ごしていた基板設計の重要性が改めて認識できると思います。
<質疑応答> 16:40~16:50  
開催概要
日時 2017年03月10日(金)13:30 ~ 16:40(13:10 受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/研修室A
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F(JR新宿駅より徒歩8分)[ [地図]
定員 80名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー主催 株式会社エスナップ・ソリューションズ
協賛 株式会社システムデザイン研究所 / 株式会社エム・イー・エル / 株式会社アイ・エム・シー

お申し込みはこちら

2017年01月24日(火)

会場新宿

<アンコールセミナー>[S-NAP Wireless Suite / アンテナ / 整合回路設計事例紹介]開催

<アンコールセミナー>[S-NAP Wireless Suite / アンテナ / 整合回路設計事例紹介]セミナーを開催いたします。

セミナー詳細はこちら

「S-NAP Wireless Suite / アンテナ / 整合回路設計事例紹介」セミナー開催のお知らせ

プログラム
<第1講> 13:30~15:00 「ワイヤレス電力伝送用電磁界エンジンを搭載した S-NAP Wireless Suite」
講師:小川 隆博
「ワイヤレス電力伝送用電磁界エンジンを搭載した S-NAP Wireless Suite」
非接触充電をはじめとする、ワイヤレス電力伝送は近年注目される技術の一つである。伝送方式は共鳴方式からマイクロ波方式まで、多種に渡り、周波数も数十kHzからGHzに及ぶ。本年リリースした、「S-NAP Wireless Suite」は、MPIEモーメント法を採用しており、フルウェーブで3D電磁界解析を行うもので、広帯域に渡り、ワイヤレス電力伝送のシミュレーションが可能である。今回はこの製品の概要を紹介する。
<休憩> 15:00~15:10  
<第2講> 15:10~16:40 「新製品S-NAP Wireless Suiteでのアンテナ/ 整合回路設計事例紹介」
講師:齊藤 順一
3次元/2.5次元の2種類のモーメント法を組み合わせた新製品は数KHzからGHz帯までの広帯域なアンテナ設計や近距離の電力伝送向けのアンテナ設計が可能です。このセミナーでは送受アンテナを含む解析事例を紹介します。近傍/遠方電磁界、ポインティングベクトル、インピーダンスマップなどの表示が可能で伝搬状態を容易に確認し、最適なアンテナ配置や筐体の影響などの問題を試作前に解決します。マルチアンテナの相関問題や最適配置の実現も容易です。また、最適化と自動設計機能を用いたアンテナ整合回路や伝送線路などの設計事例をご紹介します。特別な伝送線路理論やマイクロ波工学の専門家でなくても本製品で容易にも無線化が可能になります。
<質疑応答> 16:40~16:50  
開催概要
日時 2017年01月24日(火)13:30 ~ 16:40(13:10 受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/研修室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F(JR新宿駅より徒歩8分)[ [地図]
定員 15名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー主催 株式会社エスナップ・ソリューションズ
協賛 株式会社エム・イー・エル / 株式会社アイ・エム・シー

お申し込みはこちら

2016年12月15日(木)

会場神奈川/新横浜

「電源ノイズ対策セミナー by 株式会社トータス」

S-NAP PCB Suite シミュレーション結果と実測との比較をしながら、
スイッチング電源のノイズ対策を解説します。

セミナー詳細はこちら

「電源ノイズ対策セミナー by 株式会社トータス」開催のお知らせ

昨今の電子機器の新商品開発においては、製品本体のノイズ対策を目的とし、基板設計段階でのノイズ対策のシミュレーション適用が非常に有効な手段となっております。株式会社トータスが、CQ出版社 トランジスタ技術 2016年10月号に寄稿しましたテーマに関して、下記の内容で TOTAS オンサイトセミナーを実施します。皆様方にはご多用の折とは存じますが、是非ともご来場賜りますようご案内申し上げます。

開催概要
日時 2016年12月15日(木)14:30 - 17:30(受付 14:00 - )
終了後、懇親会を予定
会場 株式会社トータス 関東支社
横浜市港北区新横浜3-7-3 リーフスクエア新横浜ビル 4F
(横浜市営地下鉄 新横浜駅 7番出口 付近)[ 地図
定員 6名(先着順)
受講料 無料
テーマ 『スイッチング電源回路のノイズ対策とモデリング』
【トランジスタ技術 2016年10月号への寄稿テーマ】
誰でもキマル! プリント基板道場
1.0V × 10A 超も! FPGA 用電源の実装ワザ「リターン・パス」
高解像度ディスプレイ/ディジタル無線 … プロは超高速CPUボードをこうやって仕上げる

トランジスタ技術 2016年10月号 PDF
講師 株式会社トータス 技術推進室 高橋 成正
iNARTE 認定 EMC Design Engineer
概要 電子機器の高速化と低電圧大電流化にともない、スイッチング電源の安定動作は 重要な技術となってきました。最近ではスイッチング周波数が MHz オーダーになる電源もあり、動作保証・ノイズ対策が極めて難しくなったと言えます。 本講演では、ベンチマークデモ用に製作したスイッチング電源回路 基板を題材にノイズ対策の実践的手法をモデリング技術と測定結果から解説します。
主催 株式会社トータス

お申し込みはこちら

2016年9月15日(木)

会場東京/新宿

「S-NAP電磁界シミュレータ/ノイズ対策セミナー」

「ノイズ解析、RF回路、ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」セミナーをご用意しております。この機会にぜひご参加ください。

【プログラム詳細は決まり次第アップいたします】

2016年7月6日(水)

会場東京/新宿

「S-NAP電磁界シミュレータ/ノイズ対策セミナー」

「ノイズ解析、RF回路、ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」セミナーをご用意しております。この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細はこちら
プログラム ※タイトルは変更になる場合があります。
<第1講> 14:00~15:10 「高周波電磁界シミュレータ/ノイズ電磁界シミュレータ実践活用術」
講師:小川 隆博
・「S-NAP Microwave Suite(GE)」の活用例を紹介。
多層基板用モーメント法電磁界シミュレータを用いた、フィルタ設計、パターン アンテナ設計、レクティナアンテナ解析等をご紹介します。
・「S-NAP Wireless Suite」の活用例を紹介。
3次元モーメント法電磁界シミュレータを用いた、アンテナ解析、物体の影響解 析、ワイヤレス給電解析等をご紹介します。
・「S-NAP PCB Suite」の活用例を紹介。
多層基板用M-FD法電磁界シミュレータを用いた、プリント基板の特性解析、静電 ノイズ、スイッチングノイズ解析などをご紹介します。
<休憩> 15:10~15:20  
<第2講> 15:20~16:30 「S-NAPを使えば、こんなことが定量的に把握できる!」
講師:久保寺 忠
ノイズ対策で、今まで原因がわからないまま対策で苦労したこと、ありません?
外来ノイズの耐性が悪いという問題で悩んでいる方が多くなっています。
その原因の多くはグランド設計。いくら「グランドを強化してください」と言ってもなかなか理解してくれない。そうぼやく回路設計者は多いと思います。しかし、指示しているご本人も、グランドをどう強化すればよいかは人任せ。効果があるかどうかは実際に基板を試作して評価しない限り分かりません。まさに神頼み。
そんなとき、まずS-NAPで現状の問題点を把握し、自分が思う「グランド強化策」を実際にS-NAP画面上で変更、その効果をS-NAPで再確認できれば、再試作せずに済むというわけです。CADデータの知識?そんなもの要りません。
本セミナーでは、いくつかの事例をもとにS-NAPでどんなことができるか、問題の本質は何だったか について、分かりやすく解説します。
ただし、ごめんなさい。生々しい内容なので、テキストはありません。そんな訳でセミナーにご参加頂けない方には残念ながらお話する手段がありません。
<質疑応答> 16:30~16:45  
開催概要
日時 2016年7月6日(水)14:00 - 16:30(13:30 受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/研修室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F
(JR新宿駅より徒歩8分)[ 地図
定員 15名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー概要 <第1講>
概要:「高周波電磁界シミュレータ/ノイズ電磁界シミュレータ実践活用術」
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
<第2講>
概要:「S-NAPを使えば、こんなことが定量的に把握できる!」
講師:株式会社システムデザイン研究所 代表取締役 久保寺 忠
セミナー主催 株式会社アイ・エム・シー
協賛 株式会社エム・イー・エル / 株式会社システムデザイン研究所

お申し込み受付終了

2016年5月11日(水)

会場東京/新宿

「S-NAP電磁界シミュレータセミナー」

「ノイズ解析/RF回路/ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」セミナーをご用意しております。この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細はこちら
プログラム ※タイトルは変更になる場合があります。
<第1講> 14:00~15:00 「ワイヤレス電力伝送・高周波・マイクロ波シミュレータの活用法と解析技術の基礎」
高周波やワイヤレス系のシミュレーションでは、Sパラメータに代表される分散性素子や分布定数回路を多く扱う必要があります。
分布定数回路の多くは電磁界シミュレータを用いて周波数ドメインで計算されますが、これらをシミュレータではどのように扱うのかなどについて、「S-NAP Wireless SuiteとS-NAP Microwave Suite」を用いてご紹介します。
<休憩> 15:00~15:10  
<第2講> 15:20~16:20 「ノイズ解析における効果的な電磁界シミュレータの活用法ーその2」
プリント基板のノイズ問題には、高周波系ノイズとスイッチング系ノイズ問題の2種があります。
それぞれのノイズ解析において着眼点は異なります。それぞれのシミュレーションでどこをポイントにすべきか、などの実用的な活用法を「S-NAP PCB Suite」を用いてご紹介します。
<質疑応答> 16:20~16:30  
開催概要
日時 2016年5月11日(水)14:00 - 16:45(13:30 受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/研修室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F
(JR新宿駅より徒歩8分)[ 地図
定員 15名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー概要 概要:「ノイズ解析/RF回路/ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
セミナー主催 株式会社アイ・エム・シー
協賛 株式会社エム・イー・エル

お申し込み受付終了

2016年3月9日(水)

会場東京/新宿

「S-NAP電磁界シミュレータセミナー」

「ノイズ解析/RF回路/ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」セミナーをご用意しております。この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細はこちら
プログラム ※タイトルは変更になる場合があります。
<第1講> 14:00~14:45 「シミュレータ活用のための、電磁界解析の基礎」
電磁界解析手法は多種の解析法があります。これらは目的や用途により使い分けられますが、手法を違えると、時間がかかるばかりでなく、適切な解が得られない場合もあります。本講では、電磁界解析の基礎を学習することで、効率の良い電磁界シミュレータの活用法を習得することができます。
<第2講> 14:45~15:30 「ノイズ解析における効果的な電磁界シミュレータの活用法」
プリント基板のノイズ問題には、高周波系ノイズとスイッチング系ノイズ問題の2種があります。それぞれのノイズ解析において着眼点は異なります。それぞれのシミュレーションでどこをポイントにすべきか、などの実用的な活用法を「S-NAP PCB Suite」を用いてご紹介します。
<休憩> 15:30~15:40  
<第3講> 15:40~16:25 「ワイヤレス電力伝送解析用電磁界シミュレータ」
ワイヤレス電力伝送は、近年注目される技術の一つです。伝送方式や周波数は、低周波からマイクロ波まで多種にわたり、ワイヤレスで電力を送るた め、EMC問題とも密接な関係を持ちます。本講では、3次元モーメント法を用いた新製品の「S-NAP Wireless Suite」を用いて、電力伝送状態や電波伝搬の解析を紹介いたします。
<質疑応答> 16:25~16:45  
開催概要
日時 2016年3月9日(水)14:00 - 16:45(13:30 受付開始)
会場 西新宿小滝橋通り会議室
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8丁目8 第2万寿金ビル3F
(JR新宿西口 徒歩7分 / 大江戸線新宿西口駅 徒歩3分)[ 地図
定員 20名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー概要 概要:「ノイズ解析/RF回路/ワイヤレス電力伝送のための電磁界シミュレータ活用術」
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
セミナー主催 株式会社アイ・エム・シー
協賛 株式会社エム・イー・エル

お申し込み受付終了

2015年9月4日(金)

会場神奈川/横浜

NARTEに役立つEMCセミナー

「基板のノイズ、誤動作の原因がこんなところにあった!」

セミナー詳細はこちら
セミナー開催概要
第一回 基板のノイズ、誤動作の原因がこんなところにあった!VIAの打ち方に注意(仮題)

多層基板の設計では表層のグランド面にVIAを打ちますよね。
皆さんはどのように打っていますか?
打てるところに打つ。当たり前ですよね。でも、これがノイズの原因になったりまたは信号の伝達特性に影響があったりしたら、どうします?
このセミナーでは、誰もが見過ごしがちな作業に焦点を絞って解説を試みます。

名称 SDLセミナー / MNARTEに役立つEMCセミナー
日時 2015年9月4日(金)14:00~17:00
会場 株式会社システムデザイン研究所 4F セミナールーム
神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-5 スリーワンビル4階
株式会社システムデザイン研究所 地図
費用 無料(外部講師をお呼びすることがあります。その際は有料でお願いします)
募集人員 20名
主催 (株)システムデザイン研究所
協力 富士通アドバンストテクノロジ(株)
NEC情報システムズ(株)
(株)MEL
セミナー内容 「基板のノイズ、誤動作の原因がこんなところにあった!」

第二回以降のセミナーでは、高速信号の設計法(信号反射など)、面共振の対応、高周波回路設計、発熱対応設計、ノイズ対応部品の使い方などをテーマにとりあげる予定です。セミナー時間の中に少しだけツールのPRもさせていただくことになると思います。シミュレータでお悩みの方、必見です。

セミナー詳細はこちら

2014年12月10日(金)

会場神奈川/横浜

マイクロウエーブ展 2014 出展企業セミナー

「プリント基板におけるノイズ解析について」

イベント詳細はこちら
セミナー開催概要
名称 マイクロウェーブ展2014 / Microwave Workshops & Exhibition (MWE) 2014
日時 2014年12月10日(金)12:30~13:15
会場 パシフィコ横浜 展示ホール ROOM5
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
パシフィコ横浜 会場地図
セミナー内容 「プリント基板におけるノイズ解析について」

イベント詳細はこちら

2014年12月5日(金)

会場東京/池袋

「第20回 EMC環境フォーラム」

熟練者に学ぶEMC設計・計測技術 -基礎から最新動向まで-。
この機会にぜひご参加ください。

フォーラム詳細はこちら
セッション概要

当セッションでは、EMC 設計・対策において、回路レベルでの対応には電源・信号品質やノイズ解析における回路・電磁界シミュレータの有効活用技術を、システムレベルでの対応には複数の回路基板やケーブルから構成されるシステムの設計技術・手法を、さらにEMCの計測・評価においては、典型的な測定器であるスペクトラムアナライザや高速FFT技術を利用した評価技術を、それぞれの分野の第一線で活躍中の方々に、基礎から最新動向まで、具体的事例を交えながら解説・講演いただきます。

プログラム※プログラム内容は変更となる場合があります。
<第1講座> プリント回路の電源・信号品質問題における回路・電磁界シミュレータの活用法
株式会社 エム・イー・エル 小川 隆博 氏
PI問題、SI問題などプリント基板の品質解析を行う場合、回路シミュレータや電磁界シミュレータが必要な場合がしばしばあります。それぞれの場面でどのようなシミュレータをどんな点に留意しながら用いるべきか等を、シミュレータの原理を踏まえながら説明します。また、ノイズ解析を行う場合の要点や手法について、解析事例を基に紹介します。
<第2講座> システムレベルの放射ノイズ抑制を実現するプリント基板設計
RITAエレクトロニクス株式会社 田中 顕裕 氏
車載や産業機器など電子機器からの不要なノイズを抑制するため、プリント基板単体やケーブルを接続した場合、および複数の基板から構成されるシステムで有効な設計手法について、基本的な考え方や適用事例を紹介します。
<第3講座> EMIレシーバーによるEMC測定技術の基礎から最新動向まで!
-あぶない「ノイズを測定していたつもり」を、なくしてゆくには?-(デモ付き)

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 田中 準一 氏
スペクトラムアナライザの画面に映っているノイズは、本当の姿なのでしょうか? 従来の測定手法の問題点を考察し、近年のアナログ性能の進化と高速FFT 技術を融 合した測定器の特徴をふまえ、ノイズを検出する事例を紹介します。
<チェアパーソン> 東京理科大学 越地 耕二名誉教授
開催概要
日時 2014年12月5日(金)9:30 - 16:00
会場 サンシャインシティ文化会館 7階
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目1-4 サンシャインシティ文化会館7F(JR池袋駅より 徒歩8分)
サンシャインシティ文化会館のご案内
定員 各技術セッション定員50名(総合セッションへ無料で参加)
受講料 早期申込割引価格 40,000円/名(税別)/一般受講料 53,000円/名(税別)
※10月31日までは早期申込となります。
※受講料にはテキスト、昼食代が含まれます。
※早期申込者、一般受講者は総合セッションと技術交流会にも無料で参加できますが先着順になります。

申込書ダウンロード

WEB申込みはこちら

2014年10月31日(金)

会場東京/新宿

「EMCに関する初歩からの要点セミナー」

EMI、PI、SIノイズ解析、電磁界シミュレーション、人気のPCB Suite基礎セミナーをご用意しております。この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細はこちら
プログラム ※プログラム内容は変更となる場合があります。
<第1講> 13:30~14:45 「電磁界シミュレータの原理とノイズ解析」
基板のノイズ解析を行う場合、電磁界や回路シミュレータは必要不可欠な存在になりつつあります。この講ではシミュレータの原理を踏まえ、どの場面でどのような解析が必要かをシミュレータ開発メーカの視点でご紹介します。
<休憩> 14:45~15:00  
<第2講> 15:00~16:15 「ノイズ問題における電磁界シミュレータの実用的活用法」
スイッチング電源の非線形動作による高調波問題、静電ノイズによるグランド電位の変動、コモンモードノイズの除去などの現実的な問題について、S-NAP PCB Suiteを用いた解析例をご紹介します。
<質疑応答> 16:15~16:30  
開催概要
日時 2014年10月31日(金)13:30 - 16:30(13:15 受付開始)
会場 BIZ新宿(新宿区立産業会館)/ 研修室C
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-8-2 BIZ新宿3F(JR新宿駅より 徒歩8分) [ 地図
定員 15名(先着順受付。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
受講料 無料
セミナー概要 概要:基板上におけるノイズ解析を目的とした、SNAP PCB Suiteを用いたセミナー
講師:株式会社エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
セミナー主催 株式会社アイ・エム・シー
協賛 株式会社エム・イー・エル

お申し込み受付終了

2014年7月29日(火)

会場東京/秋葉原

「EMC設計効率化セミナー」

S-NAP PCB Suiteを用いたノイズ解析事例の紹介

セミナー詳細はこちら
プログラム ※プログラム内容は変更となる場合があります。
13:30~ 受付開始
14:00~ セミナー開始
第1部「EMC設計を効率化する考え方~ノイズ抑制原理の直感的理解~ 」
ノイズ放射のメカニズムノイズ放射のメカニズムを本質から理解するためには、数式や回路網理論を駆使するのではなく、「どのような原理によって成り立っているのか」、を理解しておく必要があります。今回特別に、有償セミナーでのプログラムを一部抜粋し、EMC設計に必要な基本原理とノイズ放射の関係について、数式を使わずにわかりやすく説明します。
株式会社ワイ・ディ・シー コンサルタント 山本悦史
第2部「S-NAP PCB Suiteを用いたノイズ解析事例の紹介」
回路技術が成熟した今日、「製品性能=ノイズ品質」と言われています。しかしながら、モーター制御をはじめとする様々な制御機器では、高効率化のためスイッチング方式が多用されるため、放射・伝導ノイズが大きくなり、また小型化のために静電ノイズなどの耐ノイズレベルも低くなります。ノイズ品質を向上させるためには基板のノイズ特性を知る必要がありますが、このためには基板全体を部品が実装された条件で解析する必要があります。S-NAP PCB Suiteは基板のノイズ解析目的として作られた電磁界シミュレータで、部品が実装された状態でのノイズの伝搬特性を解析することができます。 本セッションでは、モーターノイズ、静電ノイズ、RFノイズ(受信)などについて、事例をもとに効率的、論理的なノイズ解析技術をご紹介いたします。
株式会社 エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
開催概要
日時 2014年7月29日(火)14:00~16:40(13:30受付開始)
場所 秋葉原UDX 6階 セミナールームE ※南ウィングエレベーターにて6階にお上がり下さい。
・JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分
・つくばエクスプレス 秋葉原駅 A3出口より徒歩3分
・・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 2番出口より徒歩4分
・東京メトロ銀座線 末広町駅1番、3番出口よろ徒歩3分MAP
参加費 無料
主催 株式会社ワイ・ディ・シー
申込方法 下記のお申し込みボタンよりお申込みください。(※同業の方のお申込みは、お断りさせていただく場合があります。)

お申し込み受付終了

2014年7月30日(水)

会場愛知/名古屋

「EMC設計効率化セミナー」

S-NAP PCB Suiteを用いたノイズ解析事例の紹介

セミナー詳細はこちら
プログラム ※プログラム内容は変更となる場合があります。
13:00~ 受付開始
14:30~ セミナー開始
第1部「EMC設計を効率化する考え方~ノイズ抑制原理の直感的理解~ 」
ノイズ放射のメカニズムノイズ放射のメカニズムを本質から理解するためには、数式や回路網理論を駆使するのではなく、「どのような原理によって成り立っているのか」、を理解しておく必要があります。今回特別に、有償セミナーでのプログラムを一部抜粋し、EMC設計に必要な基本原理とノイズ放射の関係について、数式を使わずにわかりやすく説明します。
株式会社ワイ・ディ・シー コンサルタント 山本悦史
第2部「S-NAP PCB Suiteを用いたノイズ解析事例の紹介」
回路技術が成熟した今日、「製品性能=ノイズ品質」と言われています。しかしながら、モーター制御をはじめとする様々な制御機器では、高効率化のためスイッチング方式が多用されるため、放射・伝導ノイズが大きくなり、また小型化のために静電ノイズなどの耐ノイズレベルも低くなります。ノイズ品質を向上させるためには基板のノイズ特性を知る必要がありますが、このためには基板全体を部品が実装された条件で解析する必要があります。S-NAP PCB Suiteは基板のノイズ解析目的として作られた電磁界シミュレータで、部品が実装された状態でのノイズの伝搬特性を解析することができます。 本セッションでは、モーターノイズ、静電ノイズ、RFノイズ(受信)などについて、事例をもとに効率的、論理的なノイズ解析技術をご紹介いたします。
株式会社 エム・イー・エル 代表取締役 小川隆博(工学博士)
開催概要
日時 2014年7月30日(水)13:30~16:30(13:00受付開始)
場所 ABC貸会議室 4階第4会議室 ※エレベーターにて4階にお上がり下さい。
・JR、新幹線、名鉄、近鉄「名古屋」 新幹線(西口)より徒歩1分
・地下鉄東山線、桜通線「名古屋」  新幹線(西口)より徒歩1分
MAP
参加費 無料
主催 株式会社ワイ・ディ・シー
申込方法 下記のお申し込みボタンよりお申込みください。(※同業の方のお申込みは、お断りさせていただく場合があります。)

お申し込み受付終了

2013年3月19日(火)

会場東京/品川

「ノイズ対策セミナー」

S-NAP PCB Suiteを用いたノイズ解析事例の紹介

2013年2月22日

会場東京/品川

「S-NAP PCB Suite紹介セミナー」(無料)

機能紹介、ノイズ解析事例の紹介 
講師:(株)SDL 久保寺忠氏・(株)MEL 小川

2010年12月

会場MWE2010

「出展企業セミナー」

実装プリント板解析ツール「S-NAP PCB Suite」を用いたノイズ解析の紹介

2010年7月22日(木)

会場東京/品川

「アート電子シミュレーションセミナー」
【S-NAP PCB Suite】

ノイズ対策におけるプリント基板シミュレーションについて

2010年5月24日(月)

会場愛知県名古屋市

「アート電子シミュレーションセミナー」
【S-NAP PCB Suite】

ノイズ対策におけるプリント基板シミュレーションについて

2010年2月25日(木)

会場東京大井町

「アート電子シミュレーションセミナー」
【S-NAP PCB Suite】

ノイズ対策におけるプリント基板シミュレーションについて

2010年1月27日(水)

会場浜松工業試験場

「アート電子セミナー」(浜松工業試験場主催)
【S-NAP PCB Suite】

ノイズ対策におけるプリント基板シミュレーションについて

イベント情報Event Information

2013年11月27日(水)

会場パシフィコ横浜

「マイクロウェーブ展2013」出展

EMC/PI/SI対応PCB解析ツールの紹介


TOP